合格おめでとう!

今年は9名の会員生が受験に挑戦しました。
明るく素直な子どもたちでしたが、お世辞にも学業優秀とはいえない学年でした。基礎までは何とかなるものの、応用力がなかなか身につきません。1年前の模試の偏差値はボロボロでした。それでも、最後まであきらめずに講習や日曜補講についてきてくれた子どもたち。本当に立派です。私もその情熱に応えようと精一杯頑張りました。

長時間の授業を行う日も少なくありませんでしたが、教室にはいつも笑顔があふれていました。中学受験を暗く、鬱々と乗り切るのでなく、勉強そのものに明るくひたむきに取り組むことができる子どもたちでした。
変化が出始めたのは小6の10月頃でした。夏の頑張りが芽を出します。少しずつ、苦手の応用問題を克服するようになったのです。同時に、偏差値にも上昇が見られました。偏差値が20近く上昇したケースもありました。
連日の冬期講習にも臆することなく、最後まで頑張り抜きました。難問ぞろいの私立対策、国立対策も乗り越え、しっかり結果を出してくれました。
彼らは、ゼミの3つの約束(自主性、集中力、人間性)を身につけようと頑張る、すてきなゼミっ子たちでした。これからも、その明るさを失わず、進む道をまっすぐ歩んでください。ほんとうに、おめでとう。